印鑑

女性の場合は結婚した後に実印を作成するのが良いタイミングです

実印を作成するタイミングについて

実印は住んでいる地域の行政機関で印鑑登録が行われた印鑑で住宅の購入や財産相続など多額のお金が動く時に本人確認として契約する時などに使用します。そのため日常的に使うシャチハタなどとは違いとても重要な印鑑です。印鑑は基本的の苗字が彫刻されていますが、実印は苗字と名前の両方が彫刻するというのが現在の主流でもあります。
実印は15歳以上になれば作成する事が可能ですが、実際にどの時期に作成すればいいのか分からないという人がほとんどでしょう。そこで実印を作成するタイミングについて見ていく事にしましょう。
学生時代の時は基本的に実印を使用する機会はほとんどないので高校や大学を卒業してから作成するというのが適したタイミングと言えます。社会人になると一人暮らしをする人も多くなってきて不動産の賃貸契約をする事も多くなってきます。賃貸契約をする時は実印が必要になってくるので作成するには良いタイミングと言えます。
実印は苗字と名前を彫刻するのが主流となっているので女性の場合は結婚した後に作成するのが良いタイミングと言えます。女性は結婚すると苗字が変わるので結婚する前に実印を作成してしまうと使用出来なくなってしまいます。そのため女性の場合は結婚した後に実印を作成するのが良いタイミングと言えます。

実印は機械と最終仕上げは手彫り仕が良い!

今のご時世、実印を手彫する印鑑屋さんは非常に少なくなりました。その理由の多くとして、自動加工機の登場および技術確信により、印鑑の作成方法自体が格段にスピードアップしました。しかし、自動加工機の使用はあくまで電子データを基にするため、印鑑自体の個性がありません。そもそも。実印登録出来る印鑑は、三文判すなわち大量生産品意外となります。そのため、機械加工された印鑑は実印登録できません。しかし、完全手彫りの印鑑は非常に高額です。町の印鑑屋に発注すると2~3万円となり、非常に高額です。一方、インターネットを利用すると個性的かつ安価な実印を購入できます。一般的に最近は、水牛の角が主流ですが印鑑屋に受注すると2万円は確実です。
しかし、インターネットを利用すると黒檀を利用した実印が安価に購入できます。2~3万円する印鑑が2.000円程度で購入出来ます。また、大量生産品では実印登録出来ないものの、最終仕上げに手仕上げがされることで、コストパフォマンスが良い印鑑が手に入ります。その他、印鑑自体の素材や自体を拘ることが出来るため、自分自身の好みで実印を購入できます。それ以上に印鑑の自体も好みのものを選べるため、格安で実印を購入したい場合はインターネットでの購入がオススメです。

実印の大切さ

実印は、住民登録をしている役所に自分の姓名を彫刻したハンコを登録して認められた印鑑を実印と言い、“実印”を作ってもらい購入しても、登録しなければ実印ではありません。実印は、自動車を購入する際や家を買う際、そして遺産相続などで使用する際など、印鑑証明が必要な場合に使われる大切な印鑑です。
お住まいの市町村に登録しないといけない印鑑なので、それだけでも十分大切な印鑑とご理解頂けたでしょうが、そんな大切な印鑑はどこで購入できるのでしょうか?
それは、印鑑屋さん、インターネットはもちろん100円均一、もしくは100円以下の印鑑でも登録をすれば全て実印にできるのです。
ですが、やはり重要な場面で使用する実印ですので、他の誰かが買えるようなお店などで買うと、思わず悪用される可能性もありますので、印鑑屋さんに頼み彫ってもらう方が安心でしょう。
彫ってもらう時、“苗字のみ”“苗字+名前”が選べますので、こちらも安全性や安心を考えて“苗字+名前”で作って頂きましょう。そして、よく忘れがちな“結婚して引っ越しした際の実印抹消届”お住まいの市町村から引っ越しをされる場合、住んでいた所の実印抹消届けを提出しないとなりません。
そして新しく住まれる市町村に実印の登録をされてください。お引っ越しで手続きなど大変かもしれませんが、実印は大切なので忘れずにお願い致します。

生きていると思っている以上に実印が必要な場合というのはあるのです。ですから、いざというときに困らないように実印をつくっておくといいでしょう。実印をお手頃な価格でつくってくれるところもいくつかありますので、そういったところを利用していざというときのために準備をしておきましょう。

イチオシ

インターネット購入も悪くないですよ

実印が必要になるケースというのは賃貸契約、家や車の購入などがあるかと思います。卒業を機に自分で注文をする人、卒業記念や成人記念に親から渡される人もあるのではないでしょうか。現在はインターネットでも簡単に注文が出来、印鑑素材も豊富でデザ…

»more

女性の実印は「名前」で作ると手続きが楽!

実印と聞いてイメージする印鑑は、通常よりも太め、独特の篆書体でフルネームが入ったものを想像しがちですが、実は手続き上はどんな印鑑でも構いません。住民票のある市区町村に本人の戸籍上の姓名があり、印鑑登録をしているものが「実印」と…

»more

実印をネットでお願いする時の注意点

これから実印をネットでお願いしようと思っている方は気をつけるべき事があります。それは一体何かと言うとその通販会社に実印をお願いしても大丈夫かどうかちゃんと調べる事です。それをしないでいきなり自分の勘で勝手にどこの通販会社に実印を作って…

»more

注目の記事

2016/08/29
実印として印鑑登録する場合の必須事項は?を追加しました。
2016/08/29
実印をネットでお願いする時の注意点を追加しました。
2016/08/29
女性の実印は「名前」で作ると手続きが楽!を追加しました。
2016/08/29
インターネット購入も悪くないですよを追加しました。